Loading...
menu

「カラー」と「白髪染め」の違いとは… 〜代官山の美容院BEKKUのブログ〜

2017年10月28日 土曜日

代官山•恵比寿の美容室ベックヘアサロンの別宮です!

カラー剤は、1剤と2剤を混ぜて作ります。

分かりやすく言うと、「色を抜く薬」と、「色を付ける薬」です。

カラーリングは、まず黒い髪の毛の色素を脱色することから始まります。

そして、ベースの色が明るくなったところに、求める色を付けていくんです。

黒い画用紙の上に絵の具で書いても黒いままですね。

まず黒じゃなくしてからじゃないとカラーが発色しないのです(^^)

そして、カラーと白髪染めの一番の違いは…

「色を抜く薬」と「色を付ける薬」の力の差です!

カラーは色を抜く力がメイン(黒いのを明るくする力)

白髪染めは色を付ける力がメイン(白い部分に色を付ける力)

なのでカラーリングで白いのが染まるか?と言われると白髪への染まりは薄いです。

白髪染めで明るくしたい、と思っても明るくなりづらいのです。

そこを上手く染めるのがプロの技!
(^。^)

「なるべく明るく、なるべく白髪も染めたい」
BEKKUにお任せください!(^^)

I004844667_219-164

BEKKU hair salon ⇒⇒⇒