Loading...
menu

BEKKUカラーのこだわり!その4 〜代官山の美容院BEKKUのブログ〜

2017年03月14日 火曜日

代官山、恵比寿の美容室ベックヘアサロンの別宮です!

《 低アルカリカラーのススメ 》

さぁ、今回は低アルカリカラー٩( ‘ω’ )و

低アルカリ??

その名の通り、アルカリの少ないカラー剤のことを言います。

とは言っても、そもそも『アルカリ』って??

以前にもお話ししたかもしれませんが、カラーリングにはアルカリが必要不可欠です!

カラー剤が作用するのは、髪の毛のキューティクルのその奥です。

まず、キューティクルの壁を超えないことには髪が染まらないんです!

その為にカラー剤にはアルカリが入っています。

アルカリは髪を膨潤させ、キューティクルを開く力があります。

そうする事で、キューティクルの奥深くにカラー剤が浸透して発色をする訳なのですが、キューティクルが開きっぱなしだと、せっかく入ったカラー剤がすぐに抜けて退色してしまいます。

ですから、キューティクルの保護のためにトリートメント成分もカラー剤には含まれています。

では、低アルカリカラーの話に戻りますよ!

カラーをされる方のほどんどは、カラーをした事がありますよね?

なので、根元の黒い地毛が伸びたところ以外は、もう既に染まっています。

「今より明るく染めたい!」
という時は話しが違うのですが、

「今と同じくらいの明るさで色味を変えたい」
「色が抜けたから少し落ち着かせたい」
という時に低アルカリカラーの出番です!!

色を明るくするためにはしっかりとキューティクルを開きカラー剤を浸透させなければならずアルカリの力が重要なのですが、もう明るいところにアルカリの力はそれほど必要ではありません!

低アルカリカラーでダメージを最小限に抑えつつカラーリングをする事で退色防止、ダメージ防止につながります!

BEKKU hair salonでは、お客様の髪質、状態、ご希望の色などに合わせ、ダメージを最小限に抑えた技術をご提供しています!