Loading...
menu

市販のカラー剤は痛むの? ( Q&A )

2017年03月16日 木曜日

恵比寿の美容室ベックヘアサロンの別宮です!

さぁ、今回はお客様からのご質問コーナーです!
(^。^)

「市販のカラー剤は痛むの?」

今回は、一般的なカラー剤 ( ヘアマニキュア、ヘナ等を除く ) の場合のお話です。

カラー剤には、髪にダメージを与えてしまうアルカリ剤が、どうしても含まれてしまいます。

髪の毛の表面には、お馴染みのキューティクルが鱗状にコーティングされています。

しかし、カラー剤が発色する部分は、キューティクルの内側!

つまり、本来髪の毛を守るために存在しているキューティクルをわざわざ壊し、内部にカラー剤を送り込まなければならないんです!
(*_*)

その役割を担っているのが、アルカリ剤です。

ですから、カラー剤にはどうしても、このアルカリ剤が不可欠ではあります。

では、ここからが本題です!

まず想像して下さい。(u_u)

「髪が染まりにくい、染まりやすい」
「髪が硬い、柔らかい」
「髪が太い、細い」
「髪が直毛、クセ」
「傷んでいる、健康毛」

色々な髪の毛の条件があります。

でも、全員が同じカラーにしたい!
( 分かりやすく10トーンのアッシュブラウンとしましょう。)

そこで、この色々な条件の人達がドラックストアで「10トーンのアッシュ」というカラー剤を買って来ました。

どうなるでしょうか?

………

同じ色にはならないんじらないかなぁ?と想像した方が多いと思います。

しかし、市販のカラー剤も進化をしているので、なんとなく同じような色の感じには仕上がるんです!

えっ?
じゃあ、市販のカラー剤もいいんだ?

と、また思ってしまうんですが、それは違うんです。

どんな条件の髪にも、同じ様に染まるというのは、どういうことか?

そこには、必要以上のアルカリ剤が含まれていて、染まりづらい髪でも、硬くキューティクルがしっかりしている髪でも、染まってしまうんです。

つまりは、染まりやすい髪や、傷んでいるから今以上にダメージを重ねたくない人、そこまで強い薬を使う必要がない人にも、同じだけの強いアルカリ剤が影響を及ぼしてしまうということなんです。

必要以上に強いアルカリカラーを施すと、退色が早く色持ちが悪かったり、パサつきが気になったり、根元と毛先の色がそろわなかったり、ダメージの原因になります。

そして、傷んだ髪は決して元通りにはならないんです!

トリートメントはタンパク質などを補給して内部補修をしてくれるので、改善はされますが、髪の毛が本質的に健康毛に戻るということではないんです。

(トリートメントについては、またご説明、ご紹介させていただきますねっ!)

傷んだらトリートメントをすれば良い、というのではなく、ダメージを最小限に抑える技術が1番大事なんです!

BEKKU hair salonでは、厳選した最上級の低アルカリカラー剤を使用し、お客様に最適な物を選ぶことで、アルカリ剤を必要最小限にしてダメージを抑え、色持ち、発色の良いカラーリングを追求しています!

頭皮の刺激も抑えるために、頭皮をオイルコーティングしてから施術に入らせて頂いております!

いやぁ、また長々と書いてしまいましたが、BEKKU Q&A のコーナーでしたっ!
(^O^)

upload2013-10-24-090014